第16回国際歯周内科学研究会学術大会/2018年4月15日(日)

2018年4月15日(日)

第16回国際歯周内科学研究会学術大会@福岡県中小企業振興センター
 
内山 茂 先生 東京医科歯科大学臨床教授による「SPT における炎症と力のコントロール」
 
前回の改訂より、治療から予防に重点がシフトし、今回の改訂でもそれがさらに明確化した格好になっています。
疾病の重症化予防としての歯周治療成功のカギは、徹底した患者支援です。
SPT(サポーティブ・ペ リオドンタル・セラピー)の目的は、
歯周病の2大要因である炎症と力を継続してコントロールしながら「病状の安定」を図ることにあります。
 
SPTによ り患者さんは定期的に来院されますので、治療成績を高めるためにも、SPTは重要な治療オプションとなります。
 
 
0415-1

0415-2

0415-4

0425-3