歯ぎしり・噛み締め(食いしばり)を治したい歯ぎしり・噛み締め(食いしばり)を治したい

歯ぎしりとは?

歯ぎしりとは睡眠時、無意識のうちに上下の歯をこすり合わせている状態を言います。

強い歯ぎしりですと、「ギリギリ」「ガリガリ」と音を伴います。
睡眠時の歯ぎしりは、レム睡眠(浅い眠り)時、交感神経の働きが活発になるタイミングに起こることが確認されています。

また、小児で10~20%、成人では約5~8%、高齢者で2~3%と加齢とともに減少するそうです。

噛み締め(食いしばり)とは?

起きている時間に、無意識のうちに歯が接触し、さらには強い力で噛みあわせている状態です。

通常、上の歯と下の歯は、接触していない状態です。
それがなんらかの原因で食いしばっているのです。

歯ぎしり・噛み締め(食いしばり)の原因

歯ぎしり・噛み締め(食いしばり)の原因は、

ストレス、性格、遺伝、服薬、飲酒、喫煙、特定の疾患(脳性麻痺などの中枢神経系の障害、睡眠呼吸障害)など、様々な原因が関与していることが報告されています。

歯ぎしり・噛み締め(食いしばり)による症状

歯ぎしり・噛み締め(食いしばり)が過度に進むと、下記症状が現れることがあります。

1. 歯の異常な磨耗が認められる。(象牙質の露出)
2. 顎の疲労感、痛みがある。
3. 顎関節症(顎がカクンカクンと音がして、大きく開けられない)

また、一緒に寝ている人が歯ぎしりの音によって目覚めてしまうというデメリットも有ります。

歯ぎしり・噛み締めの治療法

越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックでは、患者様にあった歯ぎしり・噛み締めの治療法を提案させていただいております。

就寝時にマウスピースを装着し、物理的に歯の接触がないようにして、摩耗を防ぐこともできます。

歯ぎしり1

また、ストレスが一因である場合もあるので、副交感神経(リラックスしている時に活発になる神経)を活発にしてあげることも大事です。

具体的には、寝る1~2時間前にお風呂に入り、筋肉をほぐしてリッラクスするようにします。
また、口を開けたり閉じたりして口の周りの筋肉をほぐしてあげる体操も効果的です。

越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックでは、患者様のお悩みに寄り添う治療をさせていただきます。

「こんなこと聞いたら恥ずかしい」
「おかしな質問じゃないかしら?」

と遠慮なさらずにお気軽にご質問くださいませ。