できるだけ痛みの少ない治療できるだけ痛みの少ない治療

虫歯等の治療の際、誰もが避けて通りたい「痛いこと」。

歯を削る際に痛くならないように、麻酔をして治療をしますが、「麻酔をするときの注射の痛みが嫌だ!」という方もいらっしゃいます。

ご安心ください!
越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックでは、皆様を歯医者さんから遠ざけるもと、麻酔の痛みも抑える対策も万全です!

「できるだけ痛みの少ない治療」の特徴

【STEP1】表面麻酔

虫歯治療の際、歯自体を麻酔するためには歯自体の神経を麻痺させる「浸潤麻酔」や「伝達麻酔」といった注射がどうしても必要になります。
「注射の痛み」を抑えるために、歯茎の皮膚に麻酔薬を塗り「表面麻酔」をします。
「表面麻酔」をすることで、注射の痛みを抑えることが出来ます。

麻酔1

【STEP2】麻酔薬を適温に温める

冷たい麻酔薬を注射針で注入したら、いくら表面麻酔をしていても歯茎は敏感に反応します。
できるだけ痛みを感じない麻酔をするために、麻酔薬を適温(体温と同じ37度くらい)に温めて注射をします。
温めることで、注射液が入っていく感覚を抑えることが出来ます。

麻酔2

【STEP3】細い針を使用する

注射針も、太いものから細いものまで色々です。
越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックで使用している注射針は、一番細い針(31~33G)を使用しています。
表面麻酔をしてからの注射は、何か当たったくらいの感覚になります(個人差はあります)。

麻酔3

【STEP4】電動麻酔注射器

注射も手動で注入すると、圧力にムラができて、痛みを感じることがあります。
電動麻酔注射器を使うことで、注入速度と圧力を制御することができ、痛みをほぼ除去することができます。

麻酔4

痛みが不安な方は是非ご相談ください

そうはいっても「やっぱり虫歯の治療も、麻酔も不安だ」という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、遠慮なくお申し出ください。
越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックでは、患者様に寄り添う治療をさせていただきます。

お痛みが不安な方は是非ご相談くださいませ。