知覚過敏の治療知覚過敏の治療

冷たいものを飲んだ時に歯がキーンとするのは知覚過敏の疑いが!

知覚過敏とは何なのでしょうか?

歯ブラシが触れたり、冷たいものを飲んだ時、風にあたった時に歯に痛みを感じることです。
一過性のもので、むし歯や神経の炎症がない時に見られる症状を言います。

知覚過敏1

知覚過敏の原因

歯の最も表面にある「エナメル質」は削っても痛みを感じません。

その下の象牙質(根の部分はエナメル質がなく、象牙質が最も表面になっています)は擦ったり、冷たいもの、風などに触れると痛みを感じます。
通常、象牙質はエナメル質で覆われているので痛みを感じませんが、象牙質が露出すると神経にさわり、知覚過敏となります。

では、どんな時に象牙質が露出するのでしょうか?

1.歯ぐきが下がった

歯ぐきの位置は、年齢とともに少しずつ下がってきます。
それに伴い歯の根っこが露出し、象牙質がむき出しになるため、知覚過敏を起こします。

2.歯が折れた

事故やスポーツなどで歯が折れて、象牙質がむき出しになると、知覚過敏になることがあります。

3.歯のすり減り

歯は使っていれば少しずつすり減ります。
また、歯ぎしりやブラッシングのし過ぎなどですり減ることもあります。
人によってすり減り方も様々ですが、象牙質が露出すると知覚過敏になることがあります。

知覚過敏は虫歯のサイン?

歯の最も表面にある「エナメル質」は、pH5.5より低くなる(酸性に傾く、数値的に小さくなる)と溶け始めます。

私達が日々食べるもの・飲むものの多くは酸性です。
食後5分たつと口の中のpHが下がりはじめ、pH5.2以下になると、歯を溶かしはじめることがわかっています。

ですので、炭酸飲料(pH2~3)などの酸性度の高い飲み物を時間をかけて飲む習慣があると、歯は簡単に溶けて
内部の象牙質が露出します。

この状態を「酸蝕歯(さんしょくし)」といいます。

象牙質は、エナメル質より酸に弱いので、知覚過敏が起きやすくなります。
また、象牙質が露出すると、虫歯にもなりやすくなります。

気になる症状が出てきたら、遠慮なさらず越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックに御相談くださいませ。