取れてしまった詰め物取れてしまった詰め物

昔、虫歯になった歯を治療した時の詰め物(銀歯など)が、ガムやキャラメルを食べた時に取れることがあります。
詰め物をするために削った歯の表面は、神経が露出しているため、そのままにしておくと、しみたり痛みを感じます。

そんな時は、まず越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックにご連絡ください。
お話を伺い、急ぎの受診が必要であれば可能な限りの対応をさせていただきます!

これ以上、歯を削らなくてすむように、見た目にも体にもいい詰め物(インレー)に変えて、快適な口腔ライフをおくりませんか?

詰め物1

越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックでの施術例

越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックで治療された方の、施術前・施術後を見ると、一目瞭然です。

今まで歯を見せて笑えなかった方が、思いっきり歯を見せて笑えるようになったとのお声をいただいております。

越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックで扱っております、e.max(イーマックス)は、オールセラミックの中でも最高の強度を持っており、耐久性も抜群です!

【e.max(イーマックス)の利点】

・メタルボンド(金属芯にセラミックを貼ったもの)に比べ、4倍の強度
・透明度も高く、審美性がよい
・ブラックマージンやアレルギーの心配がない

セラミック施術例2

セラミック施術例5

歯の詰め物にもこだわりを

歯の詰め物にはいくつかの種類があります。
保険でできる銀歯もありますが、この機会に見た目にも体にもいいセラミックに変えてみませんか?

銀歯は、口の中に常に金属を存在させることで、徐々に体内に金属が蓄積され、金属アレルギーを引き起こすこともあります。

越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックでは、患者様のご希望を伺い、最善の治療法をご提案いたします。

「こんなこと分からないなんて、おかしいかしら?」
「今言った言葉の意味って何なのかしら?」

どうぞ、ご遠慮なくなんでもご質問下さい。

あなたにとって、治療したことで気分のウキウキするような治療が出来れば、幸いです。