親知らずの治療法親知らずの治療法

親知らずの抜歯にも痛みの少ない治療の適応が可能です

親知らず(おやしらず)とは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も奥に位置する歯で、智歯(ちし)とも呼ばれています。

一番奥に位置するので、ブラッシングが行き届かず、虫歯になりやすい歯でもあります。

越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックでは、患者様のお口の中の状態を拝見し、最も適した治療をご提案致します。

親知らず1

親知らずの治療

越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックでは、親知らずの治療を下記のように行います。

STEP1初診 親知らずの状態を確認する

親知らずの治療は、まずレントゲン撮影を行い、歯の状態を確認致します。
確認後、治療計画を立て、患者様にご説明させていただきます。
お痛みがあり、炎症や腫れがある場合は、まず抗生剤等により炎症を押させてから治療を開始させていただくこともあります。

越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックでは、安全性を最優先するため、初診日には抜歯を行いません。

親知らず2

STEP2抜歯

歯茎の状態が良くなった段階で、抜歯が必要な場合、抜歯を致します。

抜歯は、麻酔をしますのでお痛みを少なくする麻酔をしますので、ほとんど痛みを感じません。
抜歯はおよそ30分から1時間で完了します。

親知らず3

STEP3抜歯後の消毒と確認

抜歯後は翌日にご来院いただき、治癒状態の確認や消毒を行います。

傷口の縫合をした場合には、約1週間後に抜糸となります。

親知らず4

STEP4抜糸

傷口の状態を確認し、抜糸します。

親知らずのよくある質問

患者様からよくご質問を頂く質問をご紹介致します。

Q.親知らずは抜いたほうがいいのか?

A.抜いたほうが良い場合は、下記のとおりです。

1.親知らず自体、または手前の歯もむし歯になっている
2.横向きに生えていて前方の歯に障害を及ぼしている
3.いつも食べ物がつまる、歯肉の腫れ、痛みを繰り返している

また、抜かなくても良い場合は、下記のとおりです。

1.親知らずが上下できちんと生え、咬み合わせも合っている
2.顎の骨の中に完全に埋まっていて、痛みもない

Q.複数の親知らずを同時に抜くことはできる?

A.複数の親知らずの抜歯については、何度かに分けて抜歯されることをお勧めしています。
抜歯後は、腫れることが多いので、複数箇所の腫れは食事の際に不具合が生じます。

どうしても複数の抜歯を一度にしたい場合は、右の上下、左の上下というように、
日常生活に差し支えない用、配慮が必要です。

Q.痛みや腫れの程度は?

A.親知らずの生え方により異なりますが、ある程度の腫れは出てしまいます。
抜歯後は、アルコールの摂取や激しい運動、長時間の入浴はお控えくださいませ。

越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックでは、鎮痛剤の処方も行っておりますので、御安心くださいませ。

親知らずについて

親知らずについてご存知ですか?

永久歯は、15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が10代後半から20代前半であり、
親に知られることなく生えてくる歯であることが、その名前の由来とも言われています。

親知らずは、もともとない人や、4本そろっていない人など個人差があります。

また、生えてくる方向が傾いていたり、埋まったまま生えてこないこともあります。
そして、親知らずが無かったり、生え方が傾いていたりするのは、弥生時代からあったらしく、クロマニヨン人でも
発現していたとの考えもあり、近年になって急に進んだわけではないようです。