違和感のない入れ歯・義歯違和感のない入れ歯・義歯

入れ歯・義歯の種類

歯を失った場合、そのままにしておくとの隣の歯が傾いたりするだけでなく、物を噛み砕くことがおろそかになり、胃腸に負担をかけたり、唇にしわが出来たり、顔つきが変わったりします。

抜けた歯の後をどうするのか?

治療法の一つとして、入れ歯(義歯)が挙げられます。
入れ歯(義歯)は他の治療法、ブリッジやインプラントと違い、取り外しのできる修復物です。

では、入れ歯(義歯)にはどんなものがあるのでしょうか?

越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックで扱っている、入れ歯(義歯)についてご紹介いたします。

レジン床義歯(プラスチック+銀合金バネ)

人工の歯(人工歯)と、歯のない部分の粘膜の上に乗るピンク色の床(義歯床)からできています。
レジン床義歯は保険を適用することができる治療法です。
乾燥させると変形することがありますので、水中での保管が必要になります。

レジン床義歯

金属床義歯

金属なので薄く作れ、発音がしやすく、温かさや冷たさが伝わり、美味しく食事ができます。
また汚れが付きにくいのでお手入れが比較的簡単です。

金属床1

den03

スマイルデンチャ(弾性プラスチック)

スマイルデンチャーは、薄く弾力性にとんだナイロン樹脂で作られているので、目立たなく丈夫です。
材料であるスーパーポリアミドは、FDA(アメリカ食品医薬局)承認材料で、欧米を中心に世界30各国以上で使用されている安心の材料です。

スマイルデンチャ

マグネットデンチャー(磁石)

磁石の力で、入れ歯(義歯)を吸着します。
バネがないので構造がシンプルで、取り外しが楽で、お手入れも簡単です。

マグネットデンチャー

コンフォートデンチャー

コンフォートは、入れ歯(義歯)と歯ぐきの間を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。

クッションを使うため、痛みを和らげると同時に、外れにくくなり、噛む力が入れ歯だけに比べると2倍の強さになります。

コンフォート

こちらをクリック!⇒ コンフォートとは?

今の入れ歯や義歯、本当に合ってますか?

「食べ物がおいしく感じない・・」
「硬いものを噛むと歯茎が痛い」
「最近歯茎から頻繁に出血する」
「入れ歯がよくずれる」

噛めない、痛い入れ歯(義歯)で食事を続けると、食べたいものが食べられなくなるだではありません。

バランスの良い食生活を送ることが難しくなり、よく噛み砕けていない食べ物が胃に入るために、胃腸への負担が増えることになります。

「こんなことで相談するのは、申し訳ない」
「いくら位かかるか心配で、相談に行けない」

どうぞご遠慮なさらずに、越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックでお話をお聞かせください。
加齢により、歯と歯茎の状態が変わっていくことは自然なことで、避けては通れないことです。
ですので、変化に応じた治療をすることがとても大事なことになっていきます。

歯の健康は、体の健康に直結します。
噛むこと、噛めることは、認知症の予防・ガンの予防・歯周病予防に繋がります。

こちらをクリック!⇒ 噛むことの8大効用「ひみこのはがいいぜ」

越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックが、あなたの健康づくりのサポートをさせていただければ幸いです。
お気軽にご質問、ご相談くださいませ。