マウスピースでする「歯の矯正」マウスピースでする「歯の矯正」

日本人の歯並びに対する「意識」

「あの人の歯並び、悪いわね」
あなたは、人の歯並びや、自分の歯並びについて気になりますか?日本人でも歯並びを気にしている人が増えていますが、日本に住む外国人はもっと気にしていることをご存知ですか?

mp_img1

「日本人の歯並び」について、日本に住む外国人100名に聞いたアンケートがあります。

日本人は「歯並びが良い」と思っている外国人は、4%です。それに対し、「歯並びが悪い」と思っている外国人が76%です。つまり、約3/4の外国人が日本人は「歯並びが悪い」と思っているのです。

では、日本人自身はどう思っているのでしょうか?
「良い歯並び」の重要性に関して、日本・アメリカ・中国の一般男女600名(各国200名)を対象にしたアンケートがあります。

「良い歯並び」はどうして大事なのか?
・笑顔の印象を左右する
・自信につながる
・口腔内の健康に影響する
・全身の健康に影響する

上記の項目に対して、いずれに国民も「あてはまる」と8割前後の人が答え、歯並びの重要性に関しては認識できているのです。

でも、「矯正の器具が目立つのがいやだ」「手入れが大変そう」などの理由でなかなか矯正に踏み切れない人が多くいるのが現実です。

「マウスピース」で矯正ができるの?

あなたは矯正というと、どんなイメージをお持ちでしょうか?「矯正って、針金みたいな器具を使ってやるんじゃないの?」多くの人がそのようなイメージを持っていらっしゃいます。それも歯科矯正です。
でも、今は技術が進み、他にもいろいろな方法があります。そのひとつの方法が、「マウスピースを使っての歯科矯正」です。
※症例によって出来ない場合があります(適合症例があります)

mp_img2

「マウスピースをつけてどうして歯が動くの?」

その理由はこうです。

マウスピースの材料の「弾性」を「矯正力」として利用して歯を移動させるのです。1つのマウスピースで移動できる歯の移動距離は最大で「約1mm」。なので、「今の歯並び」から「理想の歯並び」にしていくために、数週間に1回、マウスピースの交換をします。「今の歯並び」から「理想の歯並び」までは、トータルで数ミリ歯を動かすことになります。ですので、複数回のマウスピース交換をするのです。

歴史

マウスピースでの矯正は、1998年にアメリカで導入されました。開発が進み、積極的にマウスピース矯正を導入する先生が多かったので、飛躍的に進歩しました。最初は簡単な症例だけでしたが、難しい症例も治療できるということがわかってきました。また、「矯正歯科」というイメージする「ブラケットとワイヤーの矯正」と比べると多くのメリットがあるということも併せてわかってきました。

mp_img3

現在、世界でマウスピース矯正の治療を受ける患者数は250万人を超えていると言われています。
(2014年3月時点)

マウスピース矯正のメリットとデメリット

●メリット
1.目立たない、透明だから人から気付かれないので接客業の方でも大丈夫です
2.取り外しができる=お手入れが簡単なので、虫歯や歯周病のリスクが軽減
3.ワイヤーによる従来法よりも痛みが軽減
4.抜歯をする場合でも対応できる(インビザラインの場合)
5.治療後までパソコンでシミュレーションするので、より良い噛み合わせにむけた治療計画が立てられる

●デメリット
1.装着時間を守らないと治療が進まない
merit2

マウスピース矯正の種類

1.インビザライン

img_invisalign

世界中で340万人以上の治療実績がある信頼度の高いマウスピース矯正です。

どのように進めるの?

1.治療計画
最初に理想の歯並びへの過程を作るシミュレーションソフト(「クリンチェック」と呼ばれる3Dシミュレーションソフト)を利用して治療計画を検討・決定し、必要なマウスピースの「数」と「形」が決まります。
mp_img4

治療計画に関しては、最終的な歯並びの状態や治療期間、費用、抜歯や歯の切削の有無など、患者様のご要望をふまえてシミュレーションを作成します。
「前歯をもう少し後ろに下げたい」「矯正期間を短くしたい」などのご希望があれば、治療計画を修正、再度治療計画を作成いたします。
「クリンチェック」のデータを米国アライン・テクノロジー社に発注します。マウスピースは全て「オーダーメイド」で製作されます。

2. 2週間で、マウスピースが当院に届きます。
矯正治療がいよいよ始まります。マウスピースの着脱の練習や、お手入れ方法についてご説明いたします。
マウスピースを定期的に新しいものに交換して装着し続けると、少しずつ歯が動いていきます。

3.定期的な通院
歯が順調に移動しているか?噛み合わせに問題がないか?などを確認し、マウスピースの調整を行います。

4.「動的」矯正期間終了
歯を動かす期間(動的矯正期間)が終わったら、きれいに並んだ歯並びを維持させるために保定装置(ほていそうち:リテーナー)を製作・装着します。
保定期間中は、定期的に(3ヶ月~1年に一度)通院していただき、状態の確認や歯のクリーニングを行います。

※同時にホワイトニングもできます。

2.アソアライナー

img_asoaligner

アソアライナーは、日本の矯正専門ラボが提供する「日本製のマウスピース矯正装置」です。

どのように進めるの?

1.一ヵ月に一度ほどの間隔で歯型をとります
その都度コンピュータで歯の移動量を測定・解析して、マウスピースを製作し、厚みの違う3種類のマウスピース(ソフト0.5mm、ミディアム0.6mm 、ハード0.8mm)で「矯正力」をコントロールするため、矯正による疼痛を軽減でます。軽度の矯正歯科治療でしたら、診断後最短で10日で開始できます。マウスピースの製作期間が短いので、すぐに治療を開始したい方に最適です。

矯正治療は治療期間が長いので、安定的に矯正装置の製作・供給ができる体制が重要です。
アソアライナーを作っている「アソインターナショナル社」は日本最大の矯正専門歯科技工所として国内および海外に幅広いネットワークがあり、運営基盤がしっかりしているため安心です。日本国内で最も多くの歯科医院で採用されています。

インビザラインとアイソライナー比較

来院回数 適応症例 費用 型取り
インビザライン 少ない(6~8週間に1回)
※1回歯型を採って(ズレが生じても2~3回)、各ステージのマウスピースをまとめて作って渡すため
広い 高い 最初だけ
アソアライナー 多い(月に1回) 狭い 安い 毎回

当院では、まず患者様のご要望を伺い、それぞれの特徴を考慮し、最も合ったシステムをご提案いたします。

矯正歯科の注意点

1.マウスピースの装着時間を守らないと歯は動かない
マウスピースの弾力性を利用して歯を動かすので、マウスピースを所定の時間つけなければ、歯は移動しません。
マウスピース矯正は、装置が取り外せることは大きなメリットでもありますが、取り外しができる故「ちゃんとつけなきゃ!」という意識がないと治療が進みません。
インビザラインは、就寝時も含め1日20時間以上、アイソライナーは1日17時間以上装着が必要です。
時間が守れなかった場合、治療期間が長くなるだけでなくマウスピースが合わなくなるため、マウスピースの再製作が必要になる場合もあります。

2.治療期間が長く続きます
一般的に上あご下あご両方の矯正で1年~3年、部分矯正で2ヶ月~1年くらいかかります。
その間、通院していただき、毎日「自分で」マウスピース式矯正器具をつけることになります。

3. 症例によって出来ない場合がある
適合症例があります。その場合は、当院の矯正歯科医がその旨お知らせいたしますのでご安心ください。

歯の矯正の意味

マウスピース矯正で最も重要なことは、「やる気」と「頑張る気持ち」です。
虫歯の治療のように、受身で「歯医者さんに来ておしまい」という治療ではなく、「自分で装置を入れて自分で治していく」という能動的な治療なのです。
矯正治療は人生において、歯がどれだけ大切かを学ぶチャンスともいえます。
大切なのは患者様の「いい歯並びにしたい!」という気持ちと、歯科医師の「サポート姿勢」です。

「あ、歯が動いてきた!」そんな変化を患者様と歯科医師とで喜んで、さらには周りの人に「なんか、歯並びキレイになってきたね!」と褒められ、ガタガタの歯並びの方は、歯磨きのしやすさを心地よく思えます。
歯並びが変わることで起こってくる「いい変化」を継続して、ゴールまで伴走するのが当院の役目です。どちらも「やる気」がなくては続けられません。
ですので、患者様自身が「やる気」になった時が、歯の矯正を行うベストなタイミングです。患者様と矯正歯科医師は、長いお付き合いになります。信頼できる医院を選びましょう。

矯正治療はまず「相談」から

相談やカウンセリングというと
「いろいろ調べてから行かなくちゃならないのかしら?」
「言いくるめられるのではないかしら?」
「いくらかかるのかしら?」
と二の足を踏んでしまいます。

そのようなご心配は無用です。

ざっくばらんに
「自分の歯並びって一体どうなのでしょうか?」
「マウスピース矯正って、そもそも何ですか?」
「どんな方法がいいのでしょうか?」
と、気軽にお話に来ていただければと思います。
気軽に来ていただくために、越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックでは「無料」でご相談いただけます。

まずは「できるかしら?」「抜かないといけない?」「痛い?」など不安に思う状態から、わからないことを解決し、一歩前に出られる機会にしていただければと思っています。

また、矯正治療のことを「知っていただくこと」もかみむら歯科矯正歯科クリニックの大きな役割です。
「知る」「知らない」で今後の人生が大きく違ってきます。
「カウンセリング」でご自分がマウスピース矯正ができるのか?できないのか?がわりますし、矯正について「知る」ことで治療への考え方も大きく変わっていきます。
矯正は、歯並びによって短期で終わる方もいますし、長くかかる方もいます。
マウスピース矯正の良いところは、シュミレーションで「治療経過」と「ゴール」に知ることができるところです。なので、治療期間が長い方でも「ゴール」が見えているから、がんばれるのです。

かみむら歯科矯正歯科クリニックでは、患者様のご要望(主訴)をまず伺い、そのためにどうしたらいいか?を一緒に考え、提案します。
まずは、ぜひあなたの「お気持ち」を一度お聞かせくださいませ。誠心誠意お答えいたします。

矯正歯科に関して熱い思いを語っている、当院の矯正歯科医のインタビューをご覧いただければ幸いです。

⇒矯正歯科医 遠藤則和 インタビューページへ

インビザライン サーティフィケイト(修了証明書)
mp_img5

アイソライナー サーティフィケイト(修了証明書)
mp_img6