2019・8月31日(土)『衛生士スキルアップ勉強会』

皆様こんにちは^_^   

あっという間に9月ですね!

夏休み中で、にぎやかだったキッズコーナーから聞こえる子供たちの声も静かです。。。(う~ん複雑^^;)
夏休みのキッズの予約は、朝からラストまで途切れることがありません。
ハードな面もありますがキラキラした笑顔にたくさん逢える!関わることのできる貴重な期間でもあります。

今年は3人の新人衛生士を迎えました。
覚えることも症例数も圧倒的に多いかみむら歯科ですが、新人さんの学習意欲は素晴らしいものがあります!
5ヶ月経った今では安心してキッズを任せられる存在であり、先輩衛生士が見習う所学ばせてもらうことも多いです。

そんな中、8月最後に『衛生士のスキルアップ勉強会』を行いました。
前回と同じく近隣の会場にて、外来衛生士全員参加で開催するのは3回目となります。
今回は本院の衛生士他、分院のけやき通り歯科から1名の衛生士が参加してくれました(DH尾崎さん)

そして口腔外科部長の西原先生も参加して下さり、皆で貴重な時間を共有しました(*^^*)

いつもにない緊張感とともにスタート❢

西原先生の突然の質問に(恐!!)、、、
しっかり自分の考えを発言していましたよ!
日々、知りたいこと、疑問に思っている事がたくさんあるんですね。
衛生士の質問にも丁寧にお答え頂きました。

今回の勉強会のメインテーマは

➀『歯周外科との連携について』

・歯周外科適用症例の見極め方(FOP・リグロス・歯根端切除など)
・P重度の症例について(初診時に予測をたて計画的にP治療をすすめるには)
・SRPの見直し
・P-Curの必要性
・歯周外科治療の説明と流れの理解度
・SPTⅡに移行しP急発した場合の対応・処置・説明
・衛生士が責任をもって取り組むべき内容

➁『分岐部病変・フィステル・2次カリエス』などのメンテナンス時に必要とされる症状の説明、リスク説明、欠損補綴説明について

・症状の原因を理解する
・治療の優先順位を把握した上でP治療を行なう
・患者への説明(経過を見ることについて)
・患者が納得できる欠損補綴の説明
・現状を正確に伝える為の話し方
・古い治療など、今後予測される2次カリエス、補綴物不適合部位の経過観察について

また前回の勉強会以降、継続出来ている、成果を実感していることを事前に配布した勉強会資料にて記入

(1)痛みのないメンテナンスを常に心がけている
(2)Hys処のアプローチがしっかりできるようになったため改善を実感している
(3)メンテナンス時にマイルールを決めることでカリエスや炎症の見落としが減少している
(4)メンテナンス時に全体を把握し優先順位を決めることで、どこに何に時間を使うかが明確になった(タイムロスを極力少なくするため)
(5)物品内容を理解し症状に応じて提案、指導、販売ができている
(6)コミニケーション能力がアップし患者さんとのラポールを築くことができるようになった

まだまだたくさんありますが、個々に成果を実感し自分自身の成長につなげる事ができています。

次回はまだ未定ですが、今回の学びを通して症例検討の発表を目標にしました!

あっという間に年末がやってきそうです(*^^*)
一日もあっという間、、、
一週間もあっという間のかみむら歯科ですが、限られた時間を大切に精進していきたいと思います。

                
                                      DH鈴木

Dr西原・DH染谷・千葉・小野・篠原・中島・榎本・出口・三ヶ田・川崎・渡邉さえ・渡部かな・片桐・陳・尾崎