2018年国際歯周内科科学研究会認定 第14回 歯科衛生士アドバンスセミナー

平成30年10月18日(木)
東京八重洲ホール
国際歯周内科学研究会指導医 福重真佐子先生 認定歯科衛生士 原田佳子先生

歯周内科治療と歯科衛生士の役割についてのセミナーに、当院の歯科衛生士
6人(染谷・中島・榎本・川崎・出口・三ヶ田)で参加してきました。

歯周内科治療とは、レントゲン撮影、歯周ポケット測定、位相差顕微鏡検査
リアルタイムPCR検査などを行い、アジスロマイシン(ジスロマック)と歯磨き剤
を用いて歯周病を改善する治療法です。
位相差顕微鏡の菌叢診断を重要とし患者様の歯周病菌を知り、患者様の生活習慣指導、衛生指導を
行い菌の抑制を行っていきます。

患者様一人ひとりにあった歯周内科治療をご提供できるよう日々学んでいきます。